11月14日に行われたリバークリーン@荒川。(記事はこちら
荒川のゴミ問題を可視化するという目的で行われたこのイベントをきっかけに、上流と下流それぞれで活動する企業・団体が出会い、新たな取組が生まれました。

リバークリーンから約1ヶ月が経った12月18日。
普段から戸田市で河川敷や街中の清掃活動を行っている戸田ライオンズクラブ、株式会社ナックプランニング、株式会社工房、有限会社大前商事の皆さんが長瀞町を訪れ、長瀞地域おこし協力隊と一緒に荒川河川敷の清掃活動を実施しました。
集まったゴミは90Lゴミ袋で3袋分。空き缶、ペットボトル、ビニール袋、ビニールプール、ブルーシートなどがありました。
参加者からは「上流で水が綺麗でも下流同様ゴミは変わらずあることにビックリ!」、「清掃活動に参加して以降、下向いてゴミを探してしまい道路のゴミが気になり始めた。」といった感想が聞かれました。

さっそく第二回の清掃活動を企画中とのこと。
上流と下流が一体となった活動の今後の展開に期待です。

※イベント参加者・ボランティア募集のお知らせ等はリバサポ公式LINEで発信しますので、ぜひ個人サポーター登録(LINEお友達登録)をお願いします!(登録はこちら

最新記事

「リバチャリ(リバサポ×自転車)」始動!

「音の風景」で地方創生!地域応援プロジェクト『EMOCAL』で長瀞の「岩畳」動画が公開されました! 

県立川の博物館企画展「珪藻(けいそう) -水の中の小さな住人-」を開催します。―実際に顕微鏡でケイソウを観察できる関連イベントも開催!