「リバチャリ」とは

「リバチャリ」とは、川沿いの道を自転車で走りに訪れる機会のある人たちに「川好き」になってもらうリバサポの新たな取組です。

これまでの取組は河川敷や河川という特定のスポットやエリア単位で活動を行うケースが多くなっていますが、「リバチャリ」では「川×自転車」という視点で、特定のスポット・エリアでの活動ではなく、「サイクリング」を通じて川に愛着を持ってもらいたい!という気持ちで、企業とも連携してスタートする取組です。

埼玉県内には、荒川サイクリングロードや緑のヘルシーロードなど、川や農業用水沿いに多くのサイクリングロードが整備されています。利根川、江戸川沿いには、群馬県から埼玉県を経由し東京都まで続いている川沿いでは「日本一長い」自転車道もあります。

レジャーとしてのサイクリングや、通勤、通学など日常の様々な機会に自転車で埼玉県内の川沿いの道を通る方は多いのではないでしょうか。 そんな川沿いの道を自転車で走る方々に、普段何気なく見ている川を好きになってもらいたい。川の恵みに気づいてもらいたい。そして、そこから少しずつ川に優しい行動につなげてもらいたいというのが「リバチャリ」の目的です。

「リバチャリ」のロゴ

越谷市に本社がある自転車メーカー・ホダカ株式会社がリバチャリのロゴをデザインしてくださいました。

ロゴはSAITAMAリバーサポーターズとの統一感、活動の伝わりやすさをコンセプトにデザインされています。特定の自転車のイメージ(スポーツ自転車など)を与えず、「自転車に乗る人皆に参加いただきたい」という想いを込めて、自転車による活動の表現はあえて車輪のモチーフのみで表されています。 これからこのロゴを使って一体感を高めながら、リバチャリを推進していきます。

今後の展開

川×自転車の魅力を発信する様々な取組を行っていきます。

SNSによる川沿いのおすすめコース情報やイベント情報の発信などに加え、川の保全につながるアイデアも発信していく予定です。

SDGsの推進などに積極的に取り組むリバサポ企業サポーターであるホダカ株式会社には、リバチャリ実施にあたり、自転車の乗り方、安全面などのアドバイス、イベント協力などをお願いする予定となっています。

本年度の一つの柱は「清掃ライド」。自転車に乗ってサイクリングを楽しみながら、ゴミを見つけたら止まって、ゴミを拾い、また走り出す・・・という新たなアクティビティです。この活動を広げていくため、今秋にはキャンペーンを実施予定です。 情報はリバサポ公式ポータルサイトやSNSを通じて発信していきます。ぜひ公式LINEを友達登録してお待ちください。(公式LINEはこちら

関連リンク

ホダカ株式会社:
http://hodaka-bicycles.jp/

最新記事

「川の安全利用動画」をYouTubeにて配信スタート!

県内河川のBOD環境基準達成率は86%!県内河川の水質測定結果を公表しました。

この夏は埼玉の川へ遊びに行こう!~おすすめの川遊びクールスポットをご紹介します~