提供:志木市観光協会

季節は梅雨。この時期に美しく咲き誇る花々を見て気分をリフレッシュしてみるのはいかがでしょうか。今回は、梅雨に見頃を迎える「あじさい」「ラベンダー」「花菖蒲」「蓮」が楽しめる川辺の花スポットを4つご紹介!ぜひおでかけの参考にしてみてくださいね。

色鮮やかな散歩道「志木新河岸川あじさいロード」

提供:志木市観光協会

1つめは、志木市のいろは親水公園内にある「志木新河岸川(しきしんがしかわ)あじさいロード」。富士下橋から宮戸橋方面に向かう新河岸川の土手沿いにある遊歩道です。ここには約300株のあじさいが植えられ、6月上旬〜中旬の見頃を迎えると、青やピンク、紫など、色とりどりの花が咲き誇ります。

水が大好きなあじさいは雨に濡れると色鮮やかさと艶やかさが増して、晴れの日とはまた違ったいきいきとした印象に!瑞々しいあじさいを楽しむために、あえて雨の日に訪れてみるのも風情があっておすすめですよ。

日本最大級のラベンダー園「千年の苑」

提供:Yuji Shibasaki

次にお届けするのは、埼玉県嵐山町の「千年の苑(せんねんのその)ラベンダー園」です。場所は埼玉県のちょうど真ん中あたり。都幾川(ときがわ)と槻川(つきがわ)の合流地点にあります。4.7ヘクタールの敷地は東京ドームと同程度で、ラベンダー園としては日本最大級!辺り一面に広がる約20,000株のラベンダーはまるで紫色の絨毯のようです。

見頃を迎える6月中旬〜下旬には「らんざんラベンダーまつり」が催されます。2024年の開催時期は6月7日(金)〜23日(日)。期間中はラベンダーの摘み取り体験や花かごづくり、ラベンダーを使ったさまざまなアイテムの販売も行われているので、興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

小川のせせらぎとともに楽しむ「ときがわ花菖蒲園」

提供:ときがわ町産業観光課

3つめは、埼玉県比企郡ときがわ町の「ときがわ花菖蒲園(ときがわはなしょうぶえん)」。

都幾川の川岸にある花菖蒲の名所です!町おこし・地域活性化のために遊休農地7,000㎡に約5,000株の花菖蒲を植え付け、ときがわ花菖蒲園が誕生しました。

花の見頃は6月上旬〜中旬。ベンチに腰掛けて、川のせせらぎとともに花の美しさを堪能するのもいいですね。

また 、6月7日(金)〜23日(日)の期間で「ときがわ花菖蒲まつり」が開催されます。15日(土)・16日(日)には、太鼓演奏やダンスなどのステージイベント、キッチンカーの出店や野菜販売など、さまざまな催しが予定されているそう。気になった方はぜひ詳細をチェックしてみてください。

42種約120,000株の蓮が咲き誇る「古代蓮の里」

提供:行田市古代蓮会館

最後に紹介するのは、行田浄水場と長野落(用水路)のすぐそばにある「古代蓮の里」。ここには、行田市の花と天然記念物に指定されている行田蓮(古代蓮)を含め、42種類約120,000株の蓮が植えられています。花の開花時期は種類によって異なりますが、およそ6月中旬から8月上旬まで楽しむことができますよ。

ちなみに、蓮の花は早朝に開花し、午後には閉じてしまうことはご存知でしたか?濃いピンクの花が蓮池一面に咲き誇る景色を見るには早起きが必須。朝7:00~9:00頃に訪れるのがおすすめです◎

「古代蓮の里」にはジオラマや大スクリーン映像が楽しめる体験型施設や水生植物園、水鳥の池、お花見広場など、蓮の花以外にも楽しめるスポットがたくさん。お子さまからお年寄りまで楽しめて、何度でも足を運びたくなる場所です。

梅雨を彩る4つの花園で気分を晴れやかに!

さて今回は、梅雨に見頃を迎える「川辺の花スポット」4選をご紹介しました。雨に濡れた花は一層鮮やかになり、普段と異なる表情を見せてくれます。外出をためらいがちな季節ですが、雨の日ならでは景色を味わってみるのもおすすめ。この機会にぜひ、川辺の美しい花々を見に現地を訪れてみてはいかがでしょうか。

◎スポット基本情報◎

―志木新河岸川あじさいロード―
▼住所
志木市中宗岡5-2 ※いろは親水公園内
▼アクセス
バス:バス停「志木市役所」より徒歩約5分
駐車場あり

―千年の苑ラベンダー園―
▼住所
嵐山町大字鎌形2326
▼アクセス
バス:バス停「休養地入口」下車すぐ
車:関越自動車道「東松山IC」または「嵐山小山IC」より約15分
駐車場あり

―ときがわ花菖蒲園―
▼住所
ときがわ町玉川2490 ※ときがわ町役場本庁舎西側
▼アクセス
バス:バス停「役場本庁舎」から徒歩3分

―古代蓮の里―
▼住所
行田市小針2375-1
▼アクセス
バス:バス停「古代蓮の里」下車すぐ
車:東北自動車道「羽生」ICより約25分
駐車場あり

これを読んだあなたにオススメ

「川のある町 埼玉」のリレー連載!

どう持ってる? 箸のきれいなカタチ

秩父・法性寺 お船の観音様と「苦抜き箸」